マイナンバーの収集方法

main-img

企業はマイナンバーの制度に対応しなければなりません。

マイナンバーのシステム関連の情報をたくさん掲載しています。

具体的には従業員を採用したならマイナンバーを収集して管理をすることになり、社会保険や税金の手続きなど必要に応じて番号を記入するなど対応しなければならないことになります。



しかしマイナンバーというのは特定個人情報にあたり番号法に定められている基準を遵守して、情報漏洩の無いように管理をしなければならないのです。

これは安全管理措置というものがあり、物理的安全管理措置として取り扱う場所を決めてそこでしか番号を見たりしないようにするのです。
ほとんどの場合紙などで保管するのではなくシステムを利用することになり、人事などのマスターと連携させて管理をすることになりますが、この場合も技術的安全管理措置として取り扱いについてアクセス権やウィルス対策のセキュリティ維持をしなければならないのです。

マイナンバーを収集する場合は郵送などの手段で行うことになりますが、ここでも郵便物の紛失がないように追跡ができる方法で取り扱いをしなければなりません。しかし企業としては業務が増えるばかりか費用もかかることになり、リスクも増えてしまうことになります。
できるだけ効率的に費用を抑え、リスクも最小限に抑えなければなりません。

収集から管理といった業務は自社で行うと費用がかかり、リスクも増えてしまうことになるので、外部に委託するという方法があります。

ビジネスジャーナルに関する口コミ情報を募集しています。

外部業者なら安全管理措置を構築しているため新たに社内で取り決めなくても、また制度が変わっても対応する事ができます。


仕事をもっと知る

subpage01

マイナンバーは社会保障や税金、災害の分野で利用され、行政の作業を効率化し利用者の利便性向上、公平で厚生な社会を実現するために開始されました。会社としてはマイナンバーを収集しなければなりませんが、これは特定個人情報の適正な取り扱いに関する取り決めがあり、通知カードや個人番号カードの提示を求めることだけではありません。...

more

難しくない仕事

subpage02

企業がマイナンバーを収集するのは、税金の正確に算定することが関係しています。1つは、銀行や証券会社等の金融機関が証券取引をする顧客のマイナンバーを収集します。...

more

仕事をよく学ぶ

subpage03

会社ではマイナンバーを収集しなければなりません。マイナンバーは住民票のある住所に送られてくる12桁の番号のことです。...

more

対策方法

subpage04

各企業はマイナンバーを収集しなければなりません。マイナンバーは社会保障や税金の分野で利用されることになり、各企業はその手続において必要になってくるのです。...

more