マイナンバーの収集を業者へ依頼

subpage01

会社ではマイナンバーを収集しなければなりません。

マイナンバーは住民票のある住所に送られてくる12桁の番号のことです。

産経ニュースの便利な情報を集めたサイトです。

これは社会保障や税金で利用されるもので、行政ごとに管理していたものを一元的に行い、行政の作業を効率化させ利用者も手続きを簡単に済ませることができるようになるというものです。しかし会社で働いている人については社会保険や源泉税といった手続や徴収は会社が行うことになります。

そのためにマイナンバーの収集を会社で行う必要があるのです。



しかしこれら番号法に定められた個人情報ということになります。収集した内容について本人確認を行って管理をしなければならないことになります。
管理というのは情報漏えいが無いようにしなければなりません。

例えば記入してもらった番号とそれを確認するために必要な免許証やパスポートのコピーなどを集めて内容を確認して管理をするということになります。

本当のマイナンバーのソリューションの情報はすぐに役立ちます。

集める手段として郵便などを利用する場合も途中で紛失してしまうことがないように、追跡ができるようなもので行う必要があります。
このようにマイナンバーの収集から管理までとても手間がかかるということと、リスクも発生してしまうことになるのです。


ただし会社ですべて行わなければならないということはありません。

代行してもらうことができる業者があるのでそこへ依頼するという方法があります。

そうすることで手間をかけることもなく、リスクも最低限にマイナンバーの収集ができるようになります。