マイナンバーの収集とは

subpage01

マイナンバーは社会保障や税金、災害の分野で利用され、行政の作業を効率化し利用者の利便性向上、公平で厚生な社会を実現するために開始されました。
会社としてはマイナンバーを収集しなければなりませんが、これは特定個人情報の適正な取り扱いに関する取り決めがあり、通知カードや個人番号カードの提示を求めることだけではありません。


番号をメモしたり、パソコンの画面に表示された番号を記録するようなことも収集ということになります。会社が従業員のマイナンバーを提供を求める場合は、あらかじめどのような用途で使用するのかはっきりとさせておいて、従業員に周知する必要があります。
取り扱いを行う担当者を明確にして本人確認を行う流れを周知する必要があります。

収集方法としては番号の確認と身元の確認が必要となります。
番号の確認は通知カードや個人番号カードで行うことになります。

産経ニュースの情報が欲しい方必見です。

身元の確認は免許証やパスポートなどで行うことになります。

マイナンバーのアウトソーシングの知りたかった情報がきっと見つかります。

また従業員の扶養者についてもマイナンバーを収集しなければなりません。


会社内でマイナンバーを収集するためには従業員にその利用目的や流れを周知することと、番号確認と本人である身元確認を行う必要があります。いずれもルール作りからはじめて、周知することが大切で、情報が漏洩しないように管理しなければならないのです。
トラブルなどのリスクを考えて外部に依頼するという方法もあり、最適な方法で運用することが大切です。