マイナンバーの収集が必要な場合

subpage01

企業がマイナンバーを収集するのは、税金の正確に算定することが関係しています。

1つは、銀行や証券会社等の金融機関が証券取引をする顧客のマイナンバーを収集します。


取引で収益が出た場合や、配当金を受け取りした場合には税金が発生することがあり、税務署に支払調書を作成して提出することがあります。
提出しない場合には、マイナンバーの収集は必要ないこともあります。

また、銀行の場合は、外貨の送金や受取等の一部の取引にも提出するように依頼されることがあります。もう1つは、会社や事業所の従業員であれば、ほとんどの方が当てはまるのですが、勤務先での年末調整の時にマイナンバーの収集が必要になります。

マイナンバーのサービスについて知るならこのサイトです。

年末調整では、その年の1月〜12月に納めなければいけない所得税の計算をして正確な額を計算します。

月々源泉所得税で勤務先から控除されている金額は、月々の収入から年間の所得の概算を割り出し、かかると予想される税率をかけて算出されています。


企業では源泉所得税を預かり、支払いをしています。

共同通信社についての情報ならこのサイトです。

しかし、控除額を考慮して課されている訳ではないので、税金を納め過ぎていることがあるのです。

過不足を調整するために必要な作業となり、多くの場合は払いすぎになり従業員に還付することが多いです。



年末調整で正式な税額を算出し、税務署と市役所や町村役場に提出されます。市役所等では、所得をもとに市民税の計算がされます。マイナンバーが記載されているため、所得税と市民税を税金の徴収を一括管理することができ、副業や悪質な資金隠しが疑われる場合に、適正に納税が行われているか調べやすくなります。